おすすめ記事一覧

Powered By 画RSS
このページはアイドルモリが管理しています。
※リンクは自動的に取得しています。閲覧は自己責任でお願いします。
Powered By 画RSS
このページはアイドルモリが管理しています。
※リンクは自動的に取得しています。閲覧は自己責任でお願いします。
おすすめPickUp!

モー娘・鈴木香音が今春卒業「福祉にかかわる仕事をしたい」

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:59:47.56 ID:CAP_USER*.net

ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。’16」の鈴木香音(17)が7日、今春にグループを卒業することを発表した。

鈴木は2011年にモー娘に加入。愛嬌のあるキャラクターで“ズッキ”として親しまれた。2014年の米・ニューヨーク公演では、ファンからグループで1、2を争う大声援を受け、海外での“ズッキ人気”の高さを見せつけた。

昨年はダイエットに挑戦し、見事成功。直後のシングルではセンターポジションをゲットした。その後のリバウンドも話題となるなど、グループを盛り上げた。

所属事務所を通じてコメントも発表された。以下全文。

「私、鈴木香音は今年のモーニング娘。’16の春ツアーをもって、モーニング娘。’16そしてハロー!プロジェクトを卒業します。

加入してから5年がたちましたが、昨年から現在の自分のこと、そして自分の将来について考えることが多くありました。この5年間、モーニング娘。でいる時間の中で多くの方々と出会い、いろいろなことを経験し、生きていく上で大切なことをたくさん学ぶことができました。小さい頃から憧れていたモーニング娘。のメンバーになって、歌やパフォーマンスを届けることでたくさんの人を笑顔にしたい、そう思って活動してきました。どこまでその想いが皆さんに届いたのか分かりませんが、自分なりに精いっぱい頑張りました。

昨年から将来について真剣に向き合うようになり、幼い頃から『人の役に立ちたい』と思っていたこともあり、自分はこの先何ができるんだろう?と考えました。モーニング娘。での活動はどれも楽しく有意義でしたが、中でも『SATOYAMA movement』『SATOUMI movement』のイベントを通じて触れ合う人たちの笑顔はとても素敵で、自分もこういう仕事ができたらいいな、と徐々に思うようになりました。

そして、その第一歩として『福祉にかかわる仕事をしたい』という夢に向かうことを決めました。そのためには、人間としてもっと様々な経験や勉強をしていかなければならないと思っています。『モーニング娘。の鈴木香音』ではなく『鈴木香音』として、これからを生きていくために、自分自身の新しい夢を叶えるために、卒業という道を選びました。

モーニング娘。として活動してきたことを糧として、今まで以上にモーニング娘。としての時間を大切に、そして応援してくださる皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、活動していきたいと思います。

モーニング娘。’16、そして鈴木香音のことをよろしくお願いします。」(原文ママ)

201602073.jpg

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/503750/
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454821187/

>>記事の続きを読む


まるで中年オヤジ!?モー娘。メンバーの肥大化にファンが「ライザップに行け!」

1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 10:25:32.60 ID:CAP_USER*.net

メンバーの肥大化が問題視されているモーニング娘。’16。その筆頭と言われるのが9期メンバーの鈴木香音だが、どうやらその進行具合は止まることを知らない。

1月28日に放送されたハロー!プロジェクト所属アイドルが出演する音楽番組「The Girls Live」(テレビ東京系)でも、鈴木が後輩ユニット「Bitter&Sweet」のスタジオライブ衣装をプロデュースするという企画が放送されたのだが、そこに映った鈴木の姿が強烈すぎると話題になっている。

「身に着けていた白いシャツがこれでもかというくらいピチピチで、胸のラインもくっきり出ていました。一部のファンは『胸が大きすぎて服がはち切れちゃう!』などと騒ぎ立てていましたが、あれだけの体格ですから、それは大きくて当たり前。それより大半のファンたちが驚いたのは彼女の背中。その姿はまぎれもなく中年太りしたオヤジのようでした」(アイドル誌ライター)

アイドル体形の常識を覆すダイナマイトボディにファンたちも動揺を隠せないようで、「勘弁してください。さすがにもう笑えない」「いくら服のコーディネートができても、この体形は衣装を殺してます!」「うちの50代の母ちゃんよりたくましい」と、すっかりあきれ返っている。

また、昨年5月にダイエットを決行して12キロの減量に成功していた鈴木だけに、「峯岸みなみを見習え!」と切なる訴えをするファンもいる。最初は寛容的だったファンたちの反応も変わり始めている今、冗談抜きで「ライザップ」が必要かもしれない。

201602064.jpg

201602065.jpg

http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_52263/
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454721932/

>>記事の続きを読む


加護亜依の所属事務所が決まるもファンはたったの190人しかいない!?

1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2016/01/25(月) 10:16:34.62 ID:CAP_USER*.net

昨年8月からフリーで活動してきた元モーニング娘。の加護亜依が、元競輪選手・中野浩一らを擁する事務所に所属することとなった。1月21日に自身のグループ“ガールズビート”のブログにて発表したもので、今後のタレント活動に弾みをつける構えだ。だが、その先行きに暗雲が立ち込めていると指摘するのは、アイドル誌のライターだ。

「ガールズビートがまったく人気ないんですよ。なにしろ公式ツイッターのフォロワーがたったの190人。いくら地下アイドルでもこの数字は酷すぎます。アカウントの開設は昨年11月のようですが、加護くらいの著名アイドルなら、開設後すぐに数千人のフォロワーがつくもの。ここまでアイドルファンに見捨てられるとは驚きです」

そのガールズビートは結成直後こそ加護のキレキレなダンスと歌で話題になったものの、夫からの家庭内暴力と離婚などが原因で、加護がアイドル活動を停止。残った無名メンバーのみで活動を続けるも、実質的には開店休業状態に陥っていた。それが最近、ようやく加護復帰の機運が高まってきたのだが、今度はまた別の問題が持ち上がっているという。アイドル誌のライターが続ける。

「当の加護が、元モーニング娘。として活動したがっているのです。今年に入ってからテレビ番組で『OGとして認めてほしい』などとアピール。1月19日にはタレントの長江健次が主催するライブイベントでモー娘のヒット曲『ザ・ピース』や『恋愛レボリューション21』を熱唱しています。しかもこの時は加護個人として参加。もはやガールズビートには興味を持っていないのかもしれません」

たしかにフォロワーが190人しかいないグループで活動するより、個人名義で活動したほうが多くのファンに支持されそうだ。そんな加護のわがままにつき合わされたガールズビートのメンバーこそ、不憫でならないだろう。

201601251.jpg

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160125/Asagei_51343.html
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453684594/

>>記事の続きを読む


「地元に帰っていいよ」→「あなたに帰る権利があるの?」 モー娘。鞘師がマネージャーから受けた仕打ちが「ブラック過ぎる」と話題に

1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 23:30:07.51 ID:CAP_USER*.net

年の瀬を迎え、正月を親族で過ごすために実家に帰省するという人も多いだろう。そんな中、モーニング娘。 '15の鞘師里保さん(17)がラジオで語った内容がネット上で話題となっている。

鞘師さんは12月27日放送の「ヤングタウン土曜日」(MBS)に出演。大晦日でグループを卒業する鞘師さんに対し、リスナーから「モーニング娘。になってから一番心が折れそうになったときを教えて下さい」という質問が寄せられた。

これに対して鞘師さんは、12歳でグループに入って間もないころの体験を語る。広島から上京し、故郷を恋しく思っていたときに、マネージャーに「地元に帰っていいよ」と言われて休みをもらった。しかしその休み中に、マネージャーから「あなたに帰る権利はあるの?」というメールをもらったという。一体何がいけなかったのか。鞘師さんはこう推測する。

「『帰っていいよ』と言われて『わかりましたー!やったー!』とノコノコ帰ったのがいけなかった。多分、『いえ、私は東京に残って練習します』って言わなきゃいけなかった」つまり休みの提案を一回断って仕事へのやる気を見せ、その上でマネージャーに「いや、帰って休んでいいよ」と許可を貰うのがベストだったというのだ。

鞘師さんはマネージャーからのきついメールのせいで帰省先でもビクビクしており、「せっかくの家族の時間を楽しく過ごせませんでした」と振り返っている。

さらに、このとき9期メンバー4人が同時にそれぞれの地元に帰省したが、鞘師さんだけでなく他の3人も同じ内容のメールを受け取っていた。鞘師さんは「現場でも怒られ、家に帰っても怒られるんだ」と思ったと振り返る。当時はかなり堪えたようだ。

確かにマネージャーの言っていることは厳しいし、12歳の少女への対応としては余りに酷だ。そのためネット上では「典型的ブラック上司だな」といった書き込みが相次いだ。

「こんなのは厳しいとかそういうんじゃない。理不尽なだけ」
「トラウマもんだな 。こんなメールもらったら絶句するわ」
「こりゃダメですわ。子供潰しますわ」

鞘師さんはメンバーにもあまり心を開かない孤高の「ぼっちキャラ」として知られているが、「子供の頃からこんな罠にかけられまくってれば疑り深くなるのも頷ける」という書き込みもあった。理不尽な教育をすると芸能人に必須の生き生きとした自発性が失われ、「消極的になる」という見方も寄せられていた。

「娘。メンて地上波出るといやに萎縮してやたらいい子でいようとするなあとずっと思ってたんだけど、こんな事されてたらそうなるわな」

ちなみに番組では、MCの明石家さんまさんが、鞘師さんに同情しつつも、12歳の子どもを芸能人として預かり、教育することになったマネージャーの立場にも理解を示し、こう語っていた。

「12歳でもプロはプロ。怖いけど、プロという自覚を持たせようとした。タレントも可哀そうだけどマネージャーも可哀そう。誰だって嫌われたくはない。わざわざ敵になるわけだから、感謝せなあかんな」

鞘師さんは卒業後、英語とダンスの勉強のため海外に留学する。ただし「ハロー!プロジェクト」には籍が残る予定なので、引退するわけではなさそうだ。ファンとしては鞘師さんに仕事を離れて海外で心機一転してもらい、また機が熟したら活動を再開してもらいたい、というところだろう。

201512289.jpg

https://news.careerconnection.jp/?p=19599
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451313007/

>>記事の続きを読む


元モーニング娘。の安倍なつみ、山崎育三郎と結婚!夫婦役で出会った2人が本物夫婦に

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 05:08:04.18 ID:CAP_USER*.net

元モーニング娘。の歌手で女優、安倍なつみ(34)が交際する5歳年下の俳優、山崎育三郎(29)と結婚することが20日、分かった。関係者によると、年末に婚姻届を提出する予定で、周囲にも報告済みという。

出会いから約4年半、元日に真剣交際が発覚してからも仕事をサポートし合いながら愛を育み、ついにゴールインする。結婚ラッシュに沸いた芸能界の一年の締めくくりに、ビッグカップルが誕生だ!

国民的アイドルグループのエースとして活躍したなっち。初代メンバー“最後のとりで”が、ミュージカル界のプリンスと愛を結実させる。

複数の関係者の話を総合すると、年末に婚姻届の提出する方向で日程を調整中。20日に育三郎が出演するTBS系人気ドラマ「下町ロケット」の放送が終了。

安倍も25日に東京・恵比寿アクトスクエアで行うクリスマスライブで仕事が一段落することから、このタイミングでの結婚を決めたようだ。挙式・披露宴は未定という。

2人の出会いは、2011年7月に夫婦役で共演した舞台「嵐が丘」だった。翌8月発売の女性週刊誌で交際が報じられるも、当時、双方の所属事務所は熱愛関係を否定。

安倍も友人関係を強調していたが、互いの才能にひかれ合い、自然な流れで交際に発展。今年元日には、サンケイスポーツなどの報道で結婚を前提とした真剣交際が発覚した。

その後は、互いの自宅を行き来しながらゆっくりと愛を深め、安倍は得意の料理を振る舞い、育三郎の健康面をサポート。6月に新アルバム「Dreams」を発売した際、報道陣に「女性からプロポーズする曲があります。私も、こういうことがあるのかな」と意味深に語るなど、幸せオーラ全開だった。

安倍は1990年代後半から2000年代初頭にかけて、国民的人気を誇ったモー娘。のエースとして歌謡界を牽引し、04年に卒業。08年の音楽劇「トゥーランドット」への出演を機に、ミュージカル女優としての才能を開花させた。

昨年10月には、ミュージカルで会得した歌唱法を生かし、初のクラシックアルバム「光へ」を発売。さらに今年4月、関西フィルハーモニー管弦楽団と共演し、今月15日には初のチャペルコンサートを開催するなど、女優、アーティストとしてまい進中だ。

安倍に刺激を与え、原動力になっていたのが、ミュージカル界で絶大な人気を誇る育三郎だった。育三郎は、役者として幅を広げるため、今年から舞台と並行してドラマに本格進出。最終回を迎え、21日発表の視聴率に期待がかかる「下町-」では、主人公の元部下・真野賢作役を好演。ドラマでも抜群の演技力を発揮した。

来年1月20日スタートのTBS系「悪党たちは千里を走る」(水曜後11・53)ではコメディーに初挑戦。同12月には日本初上陸となるミュージカル「プリシラ」で、主人公の女装家役に挑むなど、新年から“ロケットスタート”を切る。

夫婦役で出会った2人が、本物の夫婦に-。切磋琢磨しながら、それぞれの分野を突き進む2人が私生活も充実させ、来年はさらなる活躍を見せてくれそうだ。

20151221.png

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00000500-sanspo-ent
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450642084/

>>記事の続きを読む


おすすめPickUp!
おすすめPickUp!<芸能>
新着PickUp10!


プロフィール

ばーびー

Author:ばーびー




アイドルモリはアイドル・グラビアを中心とした芸能ニュースまとめブログです。最近は芸能以外もまとめてます。

相互リンク・RSS募集中!
お問い合わせ等
詳しくはabout me↑へ

カウンター
最新記事
タグtop100
検索フォーム
カテゴリ
今日の芸スポ
コメント
Special Thanks
芸能人ブログ全集 芸能人ブログ全集
まとめニュース まとめニュース

*記事紹介ありがとうございます*
Girls Reader 様

Logpo!2ch

アナグロあんてな

J-antenna

AKB48LOVER

DailyAKB48

アイドル画像宝物館
お世話になってます
リンク
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサードリンク
おーぷん2ちゃんねる&2ch.sc

今日のAKB48
今日のAKB48
amazon
今日のおすすめ
スポンサードリンク
アイドル公式サイト
AKB48 AKB48
ハロー!プロジェクト ハロー!プロジェクト
ももいろクローバーZ ももいろクローバーZ
乃木坂46 乃木坂46
アイドリング!!! アイドリング!!!
東京女子流 東京女子流
私立恵比寿中学 私立恵比寿中学
BABYMETAL BABYMETAL
9nine 9nine
フェアリーズ フェアリーズ
スーパーガールズ スーパーガールズ
ぱすぽ☆ ぱすぽ☆
RSS
過去ログ +

2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【144件】
2016年 03月 【150件】
2016年 02月 【143件】
2016年 01月 【152件】
2015年 12月 【152件】
2015年 11月 【149件】
2015年 10月 【149件】
2015年 09月 【145件】
2015年 08月 【147件】
2015年 07月 【153件】
2015年 06月 【147件】
2015年 05月 【151件】
2015年 04月 【148件】
2015年 03月 【155件】
2015年 02月 【136件】
2015年 01月 【146件】
2014年 12月 【149件】
2014年 11月 【149件】
2014年 10月 【154件】
2014年 09月 【146件】
2014年 08月 【135件】
2014年 07月 【148件】
2014年 06月 【144件】
2014年 05月 【152件】
2014年 04月 【123件】
2014年 03月 【115件】
2014年 02月 【113件】
2014年 01月 【123件】
2013年 12月 【121件】
2013年 11月 【120件】
2013年 10月 【123件】
2013年 09月 【119件】
2013年 08月 【124件】
2013年 07月 【122件】
2013年 06月 【120件】
2013年 05月 【113件】
2013年 04月 【118件】
2013年 03月 【120件】
2013年 02月 【114件】
2013年 01月 【121件】
2012年 12月 【148件】
2012年 11月 【155件】
2012年 10月 【164件】
2012年 09月 【171件】
2012年 08月 【194件】
2012年 07月 【228件】
2012年 06月 【257件】
2012年 05月 【260件】
2012年 04月 【192件】
2012年 03月 【135件】
2012年 02月 【83件】
2012年 01月 【74件】
2011年 12月 【84件】
2011年 11月 【70件】
2011年 10月 【78件】
2011年 09月 【86件】
2011年 08月 【103件】
2011年 07月 【132件】
2011年 06月 【144件】